文房具

実績のある予備校に通って医学部の合格を目指そう

必要な学力を身に付ける

ドクター

学費は人によってまちまち

医学部は言うまでもなく大学受験の最難関であり、ここに合格するためにはかなりの勉強量が必要です。また、どのような環境で勉強をするのかも非常に重要な要素で、その意味では予備校に通うのも一押しです。予備校に通うメリットのひとつに質の高い授業を受けられる点があり、医学部の入試で頻出の知識を優先的にインプットしていけます。一般的な高校の授業は教科書の内容を一通り押さえることに主眼を置いており、大学受験を意識した授業作りは進学校が行っています。また、教室にいる生徒全員に合わせて授業の進度が決まるため、医学部を目指している人にとっては少々ペースが遅いと感じるかもしれません。しかし、予備校は医学部の入試日程に合わせて最初からカリキュラムが決まっており、そこに向かって一気に進んでいくためレベルの高い受験生にとっては最高の環境だと言えます。ほかにも、医学部にはレベルの高いライバルがたくさんいて、いい意味で自分自身にプレッシャーをかけられるのも大きいです。ちなみに、予備校の学費は通年だと50万円前後が相場ですが、実際のところはどのようなかたちで申し込むのかによって金額が大きく変わります。例えば、単科の授業だけを取るのであればもっと学費は安くなりますし、逆にいろいろな授業を受けたいと思うのであればもう少しお金が必要になります。さらに、成績が優秀だと学費の割引サービスを受けられるなど個人差がかなりあるため、具体的な金額を知りたい場合には複数の予備校から見積もりを取るといいでしょう。

男性

2年間で学ぶこと

短期大学を選ぶメリットは大きく、2年間で卒業できる点はそのひとつです。講義を通してしっかりと基礎的な教養を学ぶこともできますし、同時に就職に関しても考えていくことができます。資格取得もできるため、多くの利点があります。

学生

短期間に学ぶメリット

短大は多くが2年制であり、4年制大学と比べると社会に出る時期が早いのが特徴です。そのため、1年生の頃から就職に向けて指導が行われています。また、規模が小さい学校が多く、少人数制クラスやきめ細かい就職相談が可能です。卒業後は就職だけでなく、大学への編入も可能です。進路選択の幅が大きいともいえるのです。

ウーマン

国際的な人材の育成

人間環境大学では、人間環境学部心理学科と環境学科、看護学部看護学科があります。それぞれのカリキュラムとしては、心理学科では基礎から応用までを4年間でじっくり教えます。環境学科では研究手法を1年次から教えます。看護学部では看護師はもちろん、保育士や養護教諭の免許も取得できるものです。