婦人

実績のある予備校に通って医学部の合格を目指そう

短期間に学ぶメリット

学生

就職もあり編入もあり

最近では短大から4年制大学への移行をしている学校も多く見られますが、短大には魅力的な特徴を持っている学校がたくさんあります。多くの短大は2年生であり、例外として看護系や医療系のところでは3年制がとられているところもあります。卒業後は短期大学士という称号を受け取ることが出来ます。はっきりとした目的意識を持った人にとっては、短期間で学術知識と技術、一般教養を学ぶことのできる短大は魅力的ともいえるのです。短大は、卒業までの年数がないために、1年生のうちから就職に向けて指導が行われているために、入学前からある程度の進路設計は建てておくといいでしょう。また、多くの学校は4年制大学の規模と比べて小さいために、少人数制のクラス編成であったり、学習がスムーズに進むように習熟度別に授業が行われたりもします。学生課や職員などの距離が近いという事は、生徒にとっては学校生活を送るうえでも、卒業後の就職相談にも有利に働くと言えます。短大では、進路として大学へ編入する進路もあります。この場合は短大で履修した科目をそのまま使用することも出来ます。短大で履修している専門知識をさらに深いものにすることも可能であり、全く違う可能性を見つけに進路選択の幅を広げることも出来るのです。早い段階で社会に出ることのできる短大は、自分の進路を早く決めることも出来、自立した生活を送ることが出来ます。短大に進んだから就職も早いというわけではなく、あらゆる進路の可能性が開けているともいえるのです。